千葉県誕生150周年          


千葉県は明治6年(1873年)6月15日、木更津県、 印旛県が合併して誕生しました。

千葉の名の由来としては、「多くの葉が繁茂する」の意で、 たくさんの草木が生い茂る原野だったからとも、土地の繁栄 を願ったからとも言われています。

千葉県が成立する流れ

千葉市若葉区にある「加曽利貝塚」は縄文時代の繁栄を物語る 今から5千年前の遺跡です。
海の幸に恵まれた場所だったことがわかります。



[ 千葉県誕生150周年記念事業について ]

[ 2021年以降:デイリー 目次 ]


inserted by FC2 system