東京都デジタルツイン実行プロジェクト             


デジタルツインとは、物理空間から取得した情報をもとに、デジタル空間に物理空間の双子(コピー)を再現する技術だそうです。

「 ツイン 」とは、バブル景気の最中、1990年に完成した丹下健三設計の東京都庁舎(高さ243m)(別名:「バブルの塔」)の二つの塔に連想させるものです。

東京都では、「デジタルツイン実行プロジェクト」により、サイバー空間とフィジカル空間とを融合させて産学官一体で課題解決と都民のQOL向上を目指しているそうです。

以下、それぞれの画面をクリックして下さい。サイトに繋がります。



「 3Dモデルでみる東京 」では、平面的はグーグルマップに、立体的な建造物をセットし、個別建造物の明細が示され、 都庁所在地、新宿のビル群の三次元モデルがご覧になれます。



[ 2021年以降:デイリー 目次 ]


inserted by FC2 system