多言語話者の謎がカザフ語を通じて解明された!          

多言語話者になるための脳科学的条件

 

発表のポイント:東京大学大学院総合文化研究科
英語やスペイン語等の習得経験のある日本語母語話者が、新たにカザフ語の文に音声で触れた時、その文法習得を司る脳部位を特定しました。
この新たな言語習得を司る脳部位は、これまで母語や第2言語の文法処理に関わる「文法中枢」として研究チームが特定してきた「左下前頭回の背側部」と完全に一致しました。
多言語の習得効果が累積することで、より深い獲得を可能にするという仮説「言語獲得の累積増進モデル」が、脳科学によって明確に裏付けられました。

カザフスタンの位置



以下はカザフスタンのテレビ番組です。

QAZAQSTAN Live International

 

Мұрағат

 

https://www.youtube.com/qazaqstantv

 



以下は多言語話者の辺境作家:高野秀行氏の動画です。

inserted by FC2 system