シューベルト:冬の旅より           

オーストリア出身の音楽家:シューベルト。

彼は、第二期の作曲家で、「歌曲の王」と呼ばれています。

親子ほど年の離れたベートーヴェンを知り、年上のベートーヴェンを尊敬していました。

また、ベートーヴェンから才能を認められていた間柄でした。

ベートーヴェンの葬儀に参加した後に友人達と酒場に行き、音頭を取って曰く、

「この中でもっとも早く死ぬ奴に乾杯!」

友人は大変不吉な感じを覚えたそうで、彼の寿命はその翌年で尽きました。

享年31歳。第二期の作曲家の中でも最年少でした。


彼の墓はベートーヴェンの墓の隣りに作られました。

シューベルトのアヴェ・マリア



岡村喬生(1931年~2021年)「冬の旅」を語る







inserted by FC2 system